女性芸能人の歯・画像掲示板4

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
デヴィ夫人 (ラミネートベニア2本)
【まとめ】
デヴィ夫人はラミネートベニア2本 → (デヴィ夫人の歯の詳細)
デヴィ夫人は隙っ歯→
<76歳:デヴィ夫人はセラミックラミネートベニア上前歯2本。

【最新】 デヴィ夫人の歯は治療2本

【ヒストリー】
 高校中退後、弟の大学進学の学費捻出のため、ナイト
クラブのホステスになった後、22歳の時、デヴィ夫人は
インドネシア大統領の第三夫人になっていた。
 25歳の時、クーデターで大統領は失脚したが、デヴィ
夫人は大統領の子を妊娠していて、出産のため、日本に
一時帰国していた (画像は26歳時)。
 デヴィ夫人は女児を出産した後、母子でフランスに亡命
していた。
 左上1番と右上1番との間に隙間があり、デヴィ夫人は
隙っ歯だった (画像は27歳時)。
 40歳の時、インドネシアに単身帰国し、51歳の時、
アメリカに移住して娘と暮らした後、60歳頃、日本に帰国
して芸能活動を行っていた。
 左上1番と右上1番を少し削って、デヴィ夫人はセラミック
ラミネートベニアを貼って隙っ歯を直していた
(じくじよ様情報、画像は76歳時)。
 テレビ番組の歯科検診でデヴィ夫人は虫歯になったことが
ないと自慢していた。
 左下1番がやや唇側転位していた。
 他の歯に比べて、左上1番と右上1番が白く、デヴィ夫人が
ラミネートベニアを貼っているのは明らかだ 
(画像は78歳時)。
 パノラマレントゲン写真で見ても、デヴィ夫人は虫歯経験が
なかったが、左上1番と右上1番の切端が薄い色に見えるので
セラミックラミネートベニアを貼っていることが確認できる。
 現在は治療の確認のため、レントゲン写真でレジンも
ラミネートベニアもセラミッククラウンもわざと白く映る
ような成分が混入されているが、デヴィ夫人の治療当時の
ラミネートベニアは未対応で天然歯とほぼ同じ色に映るので、
ぱっと見にはわからない (画像は78歳時)。
 さらに1200人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/